ジェネリックについて
気になる治験バイト
船橋・西船橋駅を中心に地下鉄東西線沿線物件を、ご紹介いたします。 西船橋 アパートに詳しいシンタクは西船橋駅から歩いて5分! 気になる物件、お部屋探しの心配事など、お気軽にご来店ください。

治験と治験コーディネーター(ORC)あれこれ

治験の謝礼

治験の協力費はいくら貰えるの?

治験ボランティアは、名前が一応ボランティアということになっていますが、きちんと、しかもかなり高額な報酬がもらえるのです。厳密には謝礼金という名目になっております。さて、この販売前の薬を実際に飲んだり使ったりしてデータを集めるという治験なのですが、協力費はいったいいくらもらえるのでしょうか。

治験の謝礼

治験の協力費、いわゆる謝礼は、1日1万~1万5000円程度、多い時は1日約2万円が相場です。2週間の入院する治験の場合は25万円ほど貰える事も有ります。治験センターのデータベースにボランティア参加回数が記録されていて、1回参加で特別謝礼5万円等、一定数の治験参加毎に特別報酬が出る場合も有ります。治験紹介サイトが大量に有るのはこの為といわれるかもしれませんが、紹介報酬精度も有り友達を治験に誘った場合1人につき8000程度支払われます。

治験ボランティアと税金

治験は、治験ボランティアという名前の通りボランティアであってアルバイトでは無いので、報酬から税金が引かれる事は有りません。全額報酬として支払われます。

治験と協力費

この協力費、かなりばらつきがあります。その原因は単純に薬の種類や拘束時間の違いなどもあるのですが、そのほかにもいろいろあるようです。詳しい設定金額等は一概になんともいえませんが、大体日給換算すると2~3万にもなります。1日一生懸命働いて2万、あるいは3万円もらえるバイトがありますか?なかなかないですよね。たとえあってもそれはかなり肉体的にも精神的にもヘビーな仕事なんだと思います。ですが治験はそんなきついボランティアではありません。注射が苦手!という方はあまりお勧めできませんが(それでも参加できる治験はあります)、日に何度も採血する以外は基本的に自由なボランティアなのです。日に数度の採血、薬の投与、それだけです。あとはゲームをしようが漫画を読もうが看護師さんと仲良くお喋りしようが自由なのです。それにも関わらず高額な報酬。素晴しいですね。

治験と入院

さて、治験の協力費もっと具体的にいうと、3泊入院する、というものを2回行う治験の場合だと12万円もらえたりします。2泊入院を2回セットだと8万だったり。ただ、中には2泊3日を1回するだけで9万円も貰える!なんていう超高額な報酬もあるのです!!ただし、そういった高額報酬のものに関しては見つけ次第すぐに応募することをお勧めします。それだけ高額な報酬となると、もちろん他の人たちもこぞって応募するからです。

治験と長期入院

もしフリーターの方でしたら、長期の治験を考えてみてはいかがでしょうか。1週間入院を3セットする、10泊11日を3セットする、など長期の治験も存在します。そういった場合、報酬額は50万にも70万にもなったりするからすごいですよね。

治験ボランティアの募集

治験ボランティアを募集している機関はたくさんあります。どこもボランティアをいつでも募集していますし、登録するだけでもすごく歓迎してもらえるのです。その例として、登録した後に家族や友人を同じ機関に紹介するとそれだけで紹介謝礼金をもらうことができるのです。それも数百円とかではなく数千円レベルで謝礼金をもらうことが出来ますので、これだけで稼いでいる人もいるそうです。治験に関してちょっと不安があるような方も、スタッフが親切に説明してくれますのでとりあえず登録することをおすすめしますよ。

治験の報酬の一例

治験を参加する一番の目的はやはりお金じゃないでしょうか。もちろん中には新しく素晴しい新薬を世の中に出すための試験データを集めるために、ただこの世のためにボランティアとして治験に参加している、という素晴しい方もいらっしゃるでしょう。ですがやはり治験の一番の魅力はその高額な報酬ですよね。そこで気になるのが一体いくらもらうことができるのか、ということです。まずは治験の種類によっても報酬は変わってきます。さらに拘束時間によってももちろん値段がかわってきます。その治験薬にとって最も必要な状況で試験しているので、1泊2日で終わるものもあれば、1週間の入院が必要なもの。なかには1週間の入院を3回くらい返すもの、など本当に様々です。

謝礼の一例

さて、治験には本当に色々あるので一概にはいえないのですが、大体1日あたり2~3万円程度にはなります。それも1日一生懸命働いてもらえるお金、ではなくその1日のほとんどの時間は自由に過ごすことが出来ます。多少の制限や規則はあるでしょうが、ゲームをしたり漫画をよんだり試験勉強をしたり、入院中だからといっても好きなことを出来るのが何よりの魅力です。それに入院などの場合は同じ治験ボランティアの人たちと仲良くなったりもできますしね。これは一例でしかないのですが、10日間もの入院が必要な治験の場合、報酬、正確には謝礼金ですが、およそ35万円ほどもらえるケースもあります。注射して薬を投与するタイプだと、9泊10日の入院ののち、定期的に通院を10回程度おこなうと総額44万円の謝礼金がもらえたりします。塗り薬の治験、貼り薬の治験、タバコ関連の治験、ニキビの治験、健康食品の治験、化粧品の治験、本当に様々な種類があり謝礼金も大きく変わりますので、自分の希望にぴったりの治験を探してみましょう。報酬第一の人は、じっくりと調べてみることをおすすめします。というのも一度治験に参加すると次の治験に参加するのに数ヶ月という期間をおかないといけないのです。1つの治験が終わってそに1週間後に別の治験を受ける、という事は残念ながら出来ないのです。

治験と健康診断

その魅力的な報酬以外に、ちょっとした報酬もあります。それは試験の前に健康診断があるのです。健康診断は無料で受けることができる上、なんと交通費を数千円貰うことができます。そのほかにも知人友人を紹介するだけで数千円の謝礼金をくれたりもするのです。友達がたくさんいる人は、とりあえず自分だけ登録しといてあとで友達をたくさん紹介する!なんてするとそれだけで結構な額にもなったりしますよ。治験は4ヶ月に一度受けられるので、これが一年に3回分の謝礼が貰えます。1年で1ヶ月ほどで100万円貰えるという話はこういうことです。とにかく様々な点で高額の報酬がもらえる治験です。

CRCを目指す!
ランディングページ制作 効果的なLPを作成 Web X usではより顧客の皆様に御覧いただける効果的なランディングーページを制作しております。 これまで多くの方々より好評を頂いております弊社自慢のサービス、是非ともご利用下さい!
治験あるある