治験と治験コーディネーター(ORC)あれこれ

治験コーディネーターの年収・給料

治験コーディネーターの年収・給料

治験コーディネーターは、法律上、○○の資格が必要という事はありません。その為、国家資格や特定の資格がないので、それほど年収が高いというわけではないと言えます。しかし、認定資格を持っている方や、経験を積んでいる方、能力が優れている方であれば、高収入に期待が出来るようになるとも言われています。治験コーディネーター(CRC)の平均年収は治験コーディネーターの平均年収は250万円から300万円。高額の方だと年収600万円前後です。つまり、必ずしも年収が高くないという事ではないとなります。ですが、JASDAQに上場している治験大手のイーピーミントの平均年収はおよそ500万円前後と推測されますので、年代によっては良い方といえるかもしれません。

治験コーディネーターの年収の地域差

治験コーディネーター(CRC)の年収・給料は能力や経験、年齢や所属する会社によって金額は異なる。沖縄や四国などの地方の小さな治験会社に所属している治験コーディネーター(CRC)の中には年収250万円、月収15万円前後の方もいる。一方で都心部の大きな治験会社に所属している治験コーディネーター(CRC)の中には年収600~800万円、月収40~60万円前後のリーダークラスの方もいる。看護師や薬剤師の経験を活かし、治験コーディネーターとして活躍している方は沢山います。今の年収より下がってしまうという事は多いに考えられると思いますが、お金以上に得るもの、やりがいは大きい為、転職をして治験コーディネーターになっているようです。経験がない状態で治験コーディネーターとなるため、今までの実績や実務年数などはそれほど関係はありません。

経験の有無による治験コーディネーターの年収

治験コーディネーター(CRC)経験の有無によっても年収に大きな差が出る。治験コーディネーター(CRC)未経験者の初年度の年収は350~400万円前後であることが多いようだ。 実務経験の有無によって年収が異なるという給料体系は医療業界では少なく、民間企業の特徴であると言えるだろう。 看護師や臨床検査技師が病院に就職する場合、薬剤師が調剤薬局に就職する場合などは実務経験の有無によって年収に大きな差がでることは少ない。つまり、治験コーディネーター(CRC)という職業は医療資格の有無や年齢よりも治験コーディネーター(CRC)としての実務経験が何よりものを職業であると言えるだろう。

認定試験の有無による治験コーディネーターの年収

現在の治験業界は治験の質とスピードの向上や国際共同治験に対応するために、以前よりも治験コーディネーター(CRC)に高い能力が求められている。高い能力の一つの基準として日本SMO協会や日本臨床薬理学会などのCRC認定試験が存在しており、このCRC認定資格の取得を昇格条件や給料UPの条件としている治験会社も多いようだ。今後はよりCRC認定資格の取得が強く求められ、資格取得後の収入の増加も期待できるため、CRC認定資格の取得は治験コーディネーター(CRC)にとっては不可欠になりつつある。

治験コーディネーターの昇給制度

治験コーディネーターは、昇給制度があります。実務年数や能力、認定資格があるかなどでも給与に差が出てきます。長年治験コーディネーターとして働いている方の中には高報酬を得ている方も沢山います。つまり、将来的にみて、年収をアップさせる、高収入を得るという事は可能と言えるでしょう。治験コーディネーターの実績を積み上げることで、誰でも年収600万円クラスの年収を稼ぐことは可能になります。今から将来の事を考えて、スキルアップする、能力を身に付ける、認定資格を取得するという点を重視してみてはいかがでしょうか。

治験コーディネーターの給与アップのポイント

(1)スキルを上げる
CRC認定資格の取得以外にも年収や給料を上げる方法は色々ある。複数の分野の治験をこなせる事や、CRC業務だけでなくSMA業務もできること、新人の教育ができること、プロジェクトリーダーができること、製薬会社や治験担当医からの評価が高く指名がくること、常に契約症例目標数を達成していること、なども治験コーディネーター(CRC)の年収・給料を上げるためには大切な要素だ。
(2)成果報酬
病院などの医療機関と異なり民間企業は成果に応じた報酬をもらえるようになっている。治験コーディネーター(CRC)未経験の方は転職後2~3年の間は年収・給料にこだわるよりも治験コーディネーター(CRC)の仕事を覚えることを優先すべきだろう。その後、CRC認定資格を取得し、治験の主担当をこなし、複数の分野の治験業務を覚え、リーダーのポジションを目指してスキルを磨いてゆけば5年後には年収500万以上をもらうことも十分可能であるのだ。

治験コーディネーターの初年度の年収

治験コーディネーター(CRC)の初年度の年収・給料は大卒で月給約22~25万円、大学院卒で月給約24~26万円、年収にすると約350~400万円が相場のようだ。治験コーディネーター(CRC)の経験がない方や、新卒の場合は一般の普通の会社に勤務するビジネスマンの年収・給料と大きな隔たりは見られない。治験コーディネーター(CRC)の仕事は治験コーディネーター(CRC)未経験者の場合には、あまり高い年収・給料が期待できる仕事ではないが、看護師、薬剤師、臨床検査技師などの医療資格に加えCRC認定資格を取得し、複数の治験のプロジェクトを経験し、治験の専門的な知識を身に付ければ年収600~700万円、管理職の地位につくと年収1000万円を超える場合もある。

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容

治験の仕事内容は幅広く、薬や医学の専門知識に加え、コミュニケーション力、マネジメント力、コーディネーション力、パソコン操作、ビジネスマナー、向上心など多くのスキルを求められます。仕事内容の専門性や幅広さを考慮すると治験コーディネーター(CRC)の仕事は専門知識を備えたITエンジニアや弁護士、経理担当者などに似ている部分があると言えるでしょう。そして、今後の治験業界の転職マーケットの需要と仕事の専門性の高さを考慮すると、治験コーディネーター(CRC)の仕事は高い年収・給料が見込める、将来性の高い仕事の一つであると言えるます。

治験コーディネーター(CRC)のやりがい

治験コーディネーターは、給料以上に「やりがい」が得られる仕事だといえます。治験の現場では今や治験コーディネーター(CRC)のサポートはなくてはならないものになっています。国の政策にも治験コーディネーター(CRC)の必要性や充実性が盛り込まれていて、治験コーディネーター(CRC)の重要性は非常に大きいといえます。

治験コーディネーター(CRC)と看護師

治験コーディネーター(CRC)に求められるスキルは主に治験についての専門知識とコミュニケーション能力の二つであると言われている。治験担当医への支援や被験者の心と体のケア、副作用などの有害事象への対応をするときに看護師としての臨床経験が役に立つ。看護師出身の治験コーディネーター(CRC)は治験に参加している被験者の異常や、ちょっとした変化にも目配りができると言われており、製薬企業や被験者からの評価も高い。事実、治験コーディネーター(CRC)の約半数は看護師出身者なのだ。

看護師と治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーター(CRC)は不規則な労働時間である病院勤務の看護職と異なり、土日祝日が基本お休みで夜勤がないことも魅力です。関係者だけでなく異業種の人たちと出会いによって見識を広めたり、ビジネスマナーを習得したりする機会もあります。治験コーディネーター(CRC)の必要性が高まってきたことや、転職環境が充実してきたこと、求人数の増加もあり看護師から治験コーディネーター(CRC)に転職される方は年々増加しています。治験コーディネーター(CRC)の仕事は看護師の知識や体験、経歴を生かすことのできる新たなキャリアチェンジの選択肢となっています。

CRCを目指す!
治験あるある